にかほ市|学校の跡地を利用した温泉サウナ 学校の栖

外観

東京でサウナにハマって色々なサウナを巡った私が、秋田で全国のサウナーにおすすめしたい場所を見つけました!学校の栖という予約なしで日帰りでも入れる温泉宿です。温泉といっても、大浴場は銭湯と同じくらいのこぢんまりとした規模。個人的に、この規模感もちょうど良い…♨️

金浦温泉・学校の栖 · 〒018-0321 秋田県にかほ市前川菱潟1−1
★★★★☆ · 温泉

2021年リニューアルしたきれいな施設

2021年12月にリニューアルしたこともあり、とてもきれいな内観です。
湯上がり広間横の長い廊下を通った奥に浴室がありました。

元々大竹小学校(明治7年〜昭和55年)だった場所の跡地とのことですが、内観からはその名残はあまり感じませんでした。

料金500円(小学生以下250円)
営業時間6:00~20:00
定休日第二水曜日
風呂硫黄温泉、ラジウム鉱泉、水風呂、サウナ
泉質単純硫黄冷鉱泉
2022年7月時のものです。

効能豊かな2種類の温泉

金浦温泉 学校の栖 公式サイトより

大浴場に入った瞬間、フワッと強い硫黄の香り。こぢんまりとした広さの浴場ですが、ただならぬ佇まいを感じます。これは温泉の効果も期待できます。

有機的な形がかわいい浴槽は硫黄温泉とラジウム鉱泉。なんと2つの温泉が楽しめます。サウナなしでも出来上がっちゃいそう…笑。

セルフロウリュができる灼熱100°Cのサウナ

金浦温泉 学校の栖 公式サイトより

サウナは定員5名ほどの広さ。入口にサウナマットが設置されてます。BGMもテレビもなくシンプルな作りで、座席は2段となっていて、上下での温度差が大きく感じました。

上段に座ってみたらとにかく熱い…。温度計を見てみると、なんと100°Cを指してました!

そして、ここではセルフロウリュができます。アロマはなく無臭でしたが、浴場内がとても硫黄の臭いがしているので、アロマは無しで正解です。

秋田県内でも、100°C越え、セルフロウリュができるサウナに入れるなんて…。東京都内でもここまでのサウナは珍しいので感激でした。

水風呂が温泉水!

感激ポイントはサウナだけではありませんでした。

水風呂は少し白濁していて、なんと硫黄泉と同じ水質の水風呂でした…!
「秋田は温泉が多いから、温泉水の水風呂なんてどうだろう」とよく妄想していたのですが、本当にあるなんて…!

残念ながら定員1名ほどの大きさなので、譲りあって入ることになりますが、温泉水×サウナの組み合わせは湯あたり注意の贅沢です。

外気浴ベンチでひと休み

露天風呂はありませんが、ちゃんと外気浴スペースが設けられていました。DIY感のある木のベンチで、鳥のさえずりや蝉の声を聞きながらひと休み。真夏の熱い日だったので、クールダウンとはいかないまでも、とても贅沢なひとときでした。涼しくなった時にまた行きたい…。

入浴・サウナ後は硫黄ソフトクリーム

さんざん硫黄の臭いを感じた後に(湯上がりは体中が硫黄臭くなります 笑)「硫黄のソフト…?」と思いきや、硫黄の味がする訳ではなく、硫黄を模した卵たっぷりの黄色いソフトクリーム。

まったりとした食感だけどさっぱりとした後味でした。とてもボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。

観光や旅行におすすめ 宿泊プラン

正直、日帰り温泉だけでは「学校の跡地」感を感じることができませんでしたが(独特の風情がありサウナは最高でした!)、宿泊棟がクラスの名前になっていたり内風呂もあったりなど、サウナとは違う楽しみ方もありそうです。いつか泊まってみたい…。

ロビーではたくさんの秋田土産もあり、秋田出身の私も興味のあるものがたくさん置いてありました。

種類豊富なお土産類
気になったご飯のお供
オリジナルアメニティセット